• CampFan
  • もっと便利に、もっと楽しく

大量のカイロはホットカーペットの代わりに使えるか?

あの情熱はどこへ…

あのキャンプへの熱い情熱はどこへやら。季節は冬。寒さも厳しくなり、キャンプへの熱い情熱が消え去ってしまった方も多いのではないでしょうか。

実はベテランキャンパーほどキャンプは秋から春にかけてがベスト、と言われるのをご存知でしょうか。理由は食べ物が美味しい、キャンプ場が空いている、うだるような暑さがない、など。特に春秋はリスクも少なく、初心者キャンパーにもおすすめの季節です。

冬キャンプ

ただし冬キャンプは特別。焚き火や石油ストーブ、時には薪ストーブを持ち込み暖を取る方も増えましたが、安全面から就寝時は消火するのが鉄則。シュラフだけでは足元から冷え込み、寒くて寝れない経験をした方も多いと思います。

そんな冬キャンプでは、筆者はホットカーペットを活用します。その効果は絶大で、これがあれば夏用のシュラフでも事足りてしまうほど。電源が必要になりますが最近は高規格のキャンプ場も増加したため、利用できる機会も格段に増えました。とはいえ自然に恵まれたキャンプ場ほど設備が乏しいのが現実。そのような場合は既存の装備のみで寒さを乗り切る必要があります。

そこでキャンプファンは考えました。

小さい時からおなじみの「カイロ」をホットカーペットの代用に使えないか。大量のカイロをコットに敷き詰め、その上で寝れば朝まで暖かいのではないか、と。

思い立ったが吉日。

さっそく検証開始です。

説明しよう!

非常にチープな動画です(笑)低温やけどのリスクを避けるために直接肌には触れさせず、エアマットの空気層を温めます。

検証開始

▲ 時刻は午前0時。外気温7.8℃、室内は16.6℃となります。

▲ 室内温度を外気温まで下げる必要がありますので、まずはこのカーテンを…

▲ フルオープン!寒いっ!!!…と思いきや意外に寒くない(笑)ここから徐々に寒くなる2時間が辛かった。

▲ カーペットをめくり

▲ コットを設置して

▲ エアマットを膨らませば一旦準備完了。

▲ 今回使用するカイロはこちら。平均温度53℃で12時間持続するため、性能は申し分ありません。

▲ 全てのカイロをコットに貼り付けます。本当は裏側に貼りたかったのですが、粘着力が足りず落ちてしまうため表側となりました。なおロゴ辺りにある一枚のみ「ホッカイロ」を利用してます。確かなブランド品との差はあるものなのか、単なる興味本位です(笑)

▲ シュラフも敷いて時刻は午前2時。思いのほか下がりませんでしたが、ここいらが限界っぽいので寝てみることにします。

検証結果

寝ること4時間。

さぁ気になる結果は…








残念!(><)

予想では心地よいポカポカ感のもと「むしろ夏用のシュラフでOKでしょ?」ぐらいの結果を想像してたのですが、まったくもってカイロは温まりませんでした。

カイロの仕組み

原因を調べてみました。

まずカイロの発熱には「酸素」「水分」「気温」の3要素が欠かせません。中身の鉄粉が酸素により化学反応(酸化)を起こし、その際に生じる熱エネルギーを利用します。そして水分は酸化(錆びる)スピードを早め、より効率的な反応を促します。水は基本0℃以下で凍結するもの。つまり極寒の地では水分としての役割を果たせない、という事になります

また気温も大変重要な要素。低温の環境下では発熱スピードが追いつかず、いつまでも温まらない状況が発生します。冬のキャンプ場なんてもってのほかですね…。

まとめ

つまりカイロとは「人肌」で利用するのを想定しており、それでこそ十二分に機能する商品なのです。さすが日本の技術力。よくよく考えれば当然のことですね(笑)

今回は失敗してしまいましたが、更なる工夫により解決できる気もします。引き続きチャレンジを継続しますので、その際はまたご報告させていただきます!

関連記事一覧

Secured By miniOrange